fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2023.12.10 (Sun)

サラバンド(BWV996)は

   松木幸夫 チャンネル




  個人的に長いこと疑問に思っていることがある(これはひとつや二つではないけれど)。


  その一つがバッハのリュート組曲第1番という短い組曲のことだ。


  僕の印象だとクラシックのギタリストが手始めに手を出すのがこの組曲だという気がするのだ。


  殊に僕よりも年配の人に多いようなイメージがある。


  あの組曲はどう見ても鍵盤楽器用に書かれたもので、そのため左右の手が同じ音形を少しずらしながら現れると言うような鍵盤楽器では楽な書法であるが、ギターのような楽器では拷問のように難しすぎる内容だろうと僕は思っている。


  それをたくさんの人が悲鳴を上げながら弾いている(僕にはそう見える)が、それよりも弾きやすい組曲があるだろうと思うのだが(例えばBWV998やBWV1006a)。


  あと例えばサラバンドが何拍子か分からないような弾き方をする人もいてどうも居心地が悪い。


  サラバンドは3拍子なのにそうは聴こえないのだが、多分4分音符を1泊で数えているからでないかと思うし、やたら遅く装飾音に執心し過ぎだからじゃないかなあと思うのだが。



  今日の1曲

   

   

.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

こんばんは。
996はチェンバロの巨匠レオンハルトの演奏を聴いて度肝を抜かれました。
ギター演奏では、セゴビアがサランバンドとブーレをSPに録音してますね。
LPにはアルマンドも録音してます。
その影響が強いのかも。

大昔の私の演奏です。
mywindow.blog.fc2.com/blog-entry-497.html
リュートの奇士 |  2023.12.10(日) 20:50 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

リュートの奇士様、いつもありがとうございます。
僕もレオンハルトでリュート組曲を聴いて雷に打たれたように脱力したことを覚えています。

古楽ではリピートした後の装飾が魅力的ですね、僕には無理なことだと思っています。
松木 幸夫 |  2023.12.12(火) 07:27 | URL |  【編集】

書き忘れてました。
レオンハルトさんは、亡くなる1ヶ月程前のパリでの演奏会(確かこの演奏会後に引退表明)でも996を弾いてます。
www.youtube.com/watch?v=UUy0VJfD_o8
リュートの奇士 |  2023.12.12(火) 22:24 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

リュートの奇士様いつもありがとうございます。

貴重な映像をありがとうございます。
レオンハルトの立ち居振る舞いの品の良さと、あの細身の体から想像もできない血湧き肉躍るような熱い演奏にはいつも圧倒されます。
松木 幸夫 |  2023.12.14(木) 07:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chocoyukio.blog129.fc2.com/tb.php/3561-b8ea9dbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |