fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.09.30 (Fri)

秘境発見できず


  これは最近テレビで見たことなのだが。


  僕が札幌から函館に行くときいくつかの峠を通るのだが、そのひとつに静狩峠と云うところあり。


  それは札幌から国道230号線を通り洞爺湖を抜けて太平洋側に出ると豊浦町に至り、そこから長万部町に行く手前にある峠なり。


  いつもそこを通る度に静狩市街と云う標識を見て一度立ち寄ってみたいなと思っていたがなかなか行く機会がなかった。


  それで先に書いたテレビの話しは、その静狩駅と云う駅の隣に日本一の秘境の駅があると云い、その駅名を小幌駅(こぼろ)と云う。


  と云うことで先達て札幌に戻る途中に思い切っていつもの国道を外れて静狩から小幌と云う街と云うか駅方面へ行ってみようと考えた訳。


  そちらの方面へこれまで行かなかった大きな理由はそちらに住んでいる方には申し訳がないけれどおそらく見るべきものの何もない街だろうと思われたこと。


  それでその街を走ってみると案の定その通りで、しかし小さな街が終わりかけた時、あっという間に道がなくなっていることに気がついた。


  道がないのは道を造っていないと云うことで、小幌駅はその向こうにあると云うこと。


  僕は仕方なく方向を転換していつもの国道に合流してひとつ向こうの街である礼文と云う街から小幌と云う街の片鱗でも見てみようと考えた訳である。


  礼文と云う街にあるトンネルの名前が何故か礼文華(れぶんげ)トンネルといい、いつもそれを見る度に何でだろ~と思っていた。


  さて礼文と云う小さな街を通過しつつ少しでも小幌方向を目指すが、道は豊浦町方面に続く大岸と云う街に一心不乱に向かうように伸びていて小幌とは一切の関わり合いを持たないと云うふうなのが不思議。


  で、その途中で撮ったのがこれ。
IMGP1207.jpg


  僕の腕前ではこれが限界でござ候。

スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

13:04  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chocoyukio.blog129.fc2.com/tb.php/1672-0ad101e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |