fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.05.30 (Fri)

落ち着け

 2つのギターと云う名のロシア民謡と云われる曲を練習している生徒が、この数回のレッスンで毎回演奏の内容が変わってきて、驚かされている。

 この曲はロシア民謡と云われているのに聴いてみるとチャルダッシュとしか思われないのだが、本当のところは僕は知らない。

 で、その生徒は、勿論名人芸を披露するような後半に出てくる速い部分では指がもつれるのだが、その前後の演奏にどこかしら風格を感じさせるようなしっかりした音や、艶のある歌い回しで聴かせてくれる。

 それは随分以前の癌で亡くなった別の生徒さんの演奏に似ているように思われた。

 そう技術はないけれど暖かい歌心に溢れているような演奏。

 先の生徒に話しを聞いてみると速いところはやっぱり息を止めて弾いていますとのこと。

 それは仕方ないですねと云いながら、それ以外の部分が息づかいも落ち着いて、しかも身体の切れもみるみる良くなって、これが60代後半の人なのだろうかと思わざるを得ないもの。

 世の中には、歌を忘れ、リズムを忘れ、和声の連結を忘れ、挙げ句に苦手な音を省くと云う手抜き工事をして、それで上手に弾けたとか云いそうなお大尽がいるようなのだが、彼は実に真摯な態度で音楽と取り組んでいるようだ。

 演奏が、下手な方から上手な方へ移行する目安は、より難しい技術を身につけるとか、音の聴き取り方がより緻密になるとかいろいろな見方があるけれど、下手な人が息を止めて、身体中が強ばって、人の話しに耳を貸すことも出来ないくらいに無我夢中になって、まるで人事不省のような状態から、穏やかな気持ちで心を開いて慈しみのような気持ちになる、そう云う方向への変化としても見ることが出来るのではないか、と思う。

 で、今日は先日採ったフキを使ってピクルスを作った。
pickles 1
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

13:02  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ピクルス すごい おいしそう~
わ~い! |  2014.06.01(日) 00:34 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

毎回ピクルス液の割合を忘れるので、毎回味が変わります。
来月タケノコを採ってきたら、また漬けます。
ギタチョコ |  2014.06.01(日) 07:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chocoyukio.blog129.fc2.com/tb.php/1167-74708dda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |