fc2ブログ
2024年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2024.03.04 (Mon)

生きるのが難しい?

   松木幸夫 チャンネル




  少し前に札幌市のコンビニに人を殺すことを目的にした男がやって来て3人を殺傷した事件があった。


  実に痛ましい事件で、その後犯人を確保する場面が放送されていたが警官4人で犯人一人を捕縛するのに大層手こずっているのを見て鼻息が漏れてしまった。


  そりゃ武器を持った人間を捕まえるのは盛りのついた雄牛を捕まえるのと同じように危険で命懸けなのは分かるが日頃から危険人物が凶器を持ってる場面で捕縛訓練を受けていればささっとできるのではないか?とど素人の僕は思ってしまうのだ。


  そんなことを考えるのは武器を持った人間を取り押さえることの難しさを何も知らないど素人の僕だけだろうと思うのだが。


  連行される犯人の表情がテレビ画面に映され、その「何をやってもうまくいかず、生きる気力を失った人」というような表情が痛々しく思った。


  人生を諦めた人が思い余ってする行動は「自分を殺す」か「他人を殺す」という二つのどちらかのような気がする。


  死ぬ前に大勢の人を道連れにしてやる的な実に傍迷惑的なことをする人というのは被害者意識が強いとどこかのネットのサイトに書かれていた。


  あの犯人の顔を見ても「自分は一体なんのために生まれ、なんのために生きているのか、生まれてから一度もいい思いなんかして来なかったよ」といっているような表情に見えた。


  最近も図書館近くの電車通りで走る電車に向かって喚いている女性を見た。


  「もう!○△□なんて嫌だ!」と肝心なところは聞こえなかったが自分の境遇を怒り、また嘆いている人の横を通り過ぎたことがあった。


  その女性も、今回の人を殺した犯人も自分の人生と自身を嘆いていたに違いないが、その人たちになんと声をかければ生き続けさせることができるのだろうか、と思ってみたりする。


  誰が言ったか「神は乗り越えられない試練を与えない」という文言をせせら笑いながら。






.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース

15:00  |  苦手  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |