fc2ブログ
2023年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2023.04.13 (Thu)

閲覧禁止

   松木幸夫 チャンネル




  取り敢えずはクラシック音楽の世界内でのことで。


  いろいろな集団と接していると、例えば声楽やピアノなどの器楽の集団やバレエなどの分野と我々クラシックギターの集団では、明らかになんらかの違いがあると強く感じることが多い(内緒)。


  平成以降の世界のことはあまり詳しくはないけれど、昭和時代を長く生きたクラシックギター界所属の、殊に男は全てに於いて気が荒く喧嘩腰だったりする。


  勿論プロアマ問わず、優れた人は良識も常識もあり、立ち居振る舞いもきちんとしていて尊敬できたりするのだが、優れていない集団では品がなく、酒が入れば取っ組み合いの喧嘩をしそうな雰囲気がぷんぷんと漂うような危ない匂いがした。


  またその中心には指導する者を敬え、従えというような圧力を持っているようで、まさに前近代的な封建制度を見ているような気がしたものだった。


  常に生徒を従えて偉い先生をアピールしているのかもしれないが、その実、気が弱いために生徒に身を守っているように思える人も多く、生徒の前では横柄で他人の前では太鼓持ちのような諂いぶり。


  なんてことを思い出したのは、ギターはクラシックもジャズも習い、楽譜は普通以上に読めて、メタ認知もすばらしい生徒とバッハの話で盛り上がっている折に、ふと脳裏をよぎったからだったか?






.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

12:15  |  ないしょ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |