fc2ブログ
2021年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2021.09.23 (Thu)

闇夜にドビュッシーを聴きながら

   松木幸夫 チャンネル



  例えばドビュッシーで有名な「亜麻色の髪の乙女」のような名曲を聴いたり弾いてりしていると、単純なメロディに淡い色の薄い生地のヴェールのような手触りの和音を纏って静かに鳴る、ということに改めて気付かされる。


  それはメロディがほんの少し変化するたびに、もっと言えば出てくる度にちょっとずつ色合いも素材も厚みの少しずつ変化して我々を魅了してくる。


  ある意味どぎつい刺激など一切無用で、端正で繊細で温かみのある作り手の生き方や在り方が彷彿とされるようなそういう確かな存在感を感じることができる。


  まあそんなことは誰でも知っていることだろうが。


  で、もっと規模の大きな「海」のような曲を聴いていると美しくて迫力に満ちた繊細さに圧倒されるけれど、最終的には大きな感動に包まれるばかりで薄物を羽織っただけの美しいフォルムからつい気がそがれてしまっているような気持ちになることがある。



  こういうことはかんかん照りの真昼間に思いつくようなことではなく皆んなが寝静まった深夜に、神経が張り詰め、感覚が研ぎ澄まされた真夜中に静かに流れる音を聴いて感じるということが理想であって、夜中に用を足したくなって嫌々起きてから再び寝付くまでの合間の曖昧、朦朧とした寝惚け顔で思いつくことではないんだよな。





.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

13:56  |  精神  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |