fc2ブログ
2021年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2021.03.31 (Wed)

解釈という出口の見えない不安

   youtube松木幸夫 チャンネル



  新しい知識を仕入れると、当たり前だがこれまで知っていること(今は音楽の演奏のこと)をその新知識で考え直すことになる。

  使い方がわからない時は例えば「音楽的って何ですか?」と先生に尋ねることになるだろうし、それで分かるかわからないかは質問者次第になる。


  また「私はこう解釈します」または「先生はそのように解釈するんですね」と言ったりすることも多い。


  僕が「僕は解釈はしないですよ」というと「それも解釈の一つですよね」と突っ込んでくる人もいる。


  音楽の中には書かれた音の構造をはっきり出せば事足りると言う種類の音楽もあるし、それだけでは物足りないから何かの味付けを考えなければならないと言う音楽もある。


  それらを混同するとどうにも居心地が悪いと言うか、胃もたれを起こすと言うか、自分勝手な人のように見えてくるものだ、と僕は思う。


  尤も僕が知っているそのような人たちは、どう練習しても上手にならず、楽譜を眺めてもなにひとつメッセージを受けることができないと言う人に多いような気がした。


  今日の1曲

  第10番 メランコリー ホ短調 N.コスト  アンダンティーノ 14の嬉遊曲 作品51から

  しばらくコストのこの曲集をアップしませんでしたがこれから再開します。

   .

スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

12:36  |  レッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT