fc2ブログ
2020年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2020.10.24 (Sat)

開いた口が



  どのぐらい前だったかポリフォニーに対する欲求が募った頃にバッハの主よ人の望みの喜びよをできるだけ原曲に忠実に書き直して必死に練習しはじめた。


  とってもゆっくりにしか弾けなかったが、それを聴いた生徒が2声3声がよく聞こえますね、と言っていたがその演奏はまだまだ初見の域を出ていなくってしばらく弾くのをやめた覚えがあった。


  その後動画をネットに上げはじめてネタ探しを兼ねて再びその楽譜を手に取って練習して恥ずかしながらネットに上げた。


  評判はあまり良くなかったように記憶していたけれど、その後生徒の一人が別の人が編曲した「主よ人の・・・」の楽譜を持ってきて、その楽譜について話し合いをして、ついでに僕が書いた楽譜を渡してその日のレッスンは終わった。


  それから数週間か一月程度経過した頃彼がやってきて僕の汚い手書きの分からないところを僕に尋ねながら最後まで弾き切っていた。


  10年近く格闘した楽譜をあっという間に自分のものにした彼を僕は開いた口が塞がらないような顔で見つめていたと思う。


  すんごいなあ・・・。

  今日の1曲

  R.de ビゼー(1650頃~1725)  ガヴォット 組曲ニ短調より
  フランスの作曲家、テオルボ、バロックギター奏者。当時のバロックギター界を代表する人で数多くの作品を描いています。今回は組曲ニ短調をお届けします。
  今日は5曲目ガヴォットです。ガヴォットは17世紀のフランスの舞曲です。中庸のテンポの2拍子のダンスです。

  


.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 楽器 練習 - ジャンル : 音楽

11:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |