fc2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.08.13 (Thu)

哀れな記号



  休むということは難しい。


  尤も、今日の話題は休符の意味としての「休む」ということについてである。


  音符は音を出す、休符は音を出さないということ。


  音を出すのは、ギターだったら弦をはじくかボディを叩いたりすること。


  しかし音を出さないということは弦の振動を止めるだけでなく振動するボディなどの振動自体を止めることが必要になる。


  やることが多くて面倒だからかもしれないが休符を無視する人のなんと多いことか。


  血眼になって音符を弾く人も、いざ休符が現れるといとも容易く無視してしかも本来の長さよりも短く通り過ぎていくことがほとんどだ。


  まるで休符という記号が見えていないかのような、いじめでの無視と同じような匂いのする行為。


  つまり休符というみんなから無視されるような記号は、余所者か影の薄い存在か除け者のような存在なんだろうなと思う。



  本当は音楽の輪郭とか場面転換や聴くものを惹き付けるという役割を担うとっても重要な記号なのにね。
  


.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

11:11  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |