fc2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.26 (Tue)

練習の動機と目的



  ・・・ちょっと思ったんだけど、あんまり練習しない人のギターの練習の動機は「奇麗なメロディを弾きたい」であったり「楽しそうだから」の様な気がする。

  そういう人は既に書いた通りに練習時間は少ないね。

  何故そう思うかと云うと、少し弾いて楽しいとか奇麗なメロディが弾けたと云うところで満足しているからのように思われるの。

  長い時間練習する人の目的は当たり前だけど上手になることだから本当に長時間練習できるから上達は早いの。

  ついつい我々のような教える側からすると、きちんと上手になるためには上手になろうと意識して時間をかけて練習する人の方を熱心に指導したりするのね。

  ただ練習の虫の様な人って難しい曲を熱心に練習するけれど出来上がりが今ひとつ悪いと云う場合が非常に多い気がするの。

  勿論美しい旋律を楽しいから弾く人も出来上がりに関しては悪いの。

  だって練習しないからね。

  ただ、動機や目的が楽しいと云うところにある人は下手だけど楽しそうに弾いているんだよね。

  また上記とは違って、ある意味しっかりと自分の好きな音やスタイルを持っている人はそれを目指すので楽器や楽譜から魅力を弾きだすことがなかなか出来ないよう。

  練習好きは難しい曲を誰よりも上手(この場合は間違いをしないで速く)に弾くことが至上命令のように弾くから常にせかせかして落ち着かない、旋律も伴奏も区別無くとにかく弾きまくるけれど、常にもっと上手になろうと苦労していてね。

      おそらく初めの人は飽きたらギターを縁を切ることが出来る人で、残りの人はいろいろな意味でギターを長い時を過ごすんだろうけど、上手になる方法を模索しながらも充実したギター人生を送ることが出来るように思うんだな。

  で、どれが一番いいかというと、当たり前だけど人それぞれなんだよね。



.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

10:24  |  才能  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |