fc2ブログ
2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.06.30 (Sat)

教えたがり



  厄介な人に「教えたがり」がいて、どうでもいいことをいちいち教えようとする。

  恐らく彼はその為にせっせと小ネタを仕込んでいるのだろうが、例えば楽しいお喋りの時間であっても彼の言動で話しの腰が折られっぱなしで辟易する。

  それは大人も子供も同じで、教える内容がどうあれ彼らの知ってることを我々が知らないと分かると猛然と「教えたい」スイッチが入るようだ。

  仮に子供だったら彼らがやっているゲームを我々ができないときに「どうしてできないの?」と如何にも哀れむような言い方で実に楽しそうにしている。

  で、嬉々としてとりとめのない指導をしていると彼の母親が垂れた鼻水を拭いてあげたりして、それを見てると面白い。

  ある種の大人は、教えると云うことを通して誰かの役に立っていると云うことを実感しているように見えるが、その優越感を感じているときにのみ彼の存在が社会の中で認められていると感じているように見える。

  もうひとつのパターンはもっと単純でだいたい他人の言っていることを我慢して聞くことが難しいので他人に喋らせないようにするために自ら喋りまくる、しかもそれが他人の知らないことだとしたらそれだけで優越感に浸ることができて彼の脳内には恐らくセロトニンとかエンドルフィンが溢れ出ていて気持ちいいんだろうなと思う。


  人の目の前で気持ちよくなるなよ・・と思うことも稀ならず。

 .
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村
12:41  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT