fc2ブログ
2018年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2018.03.21 (Wed)

力の入れ方



  前回のような姿勢を見つけることが出来たらそれだけで演奏が簡単になるとはできません。

  つまり、両腿の上にバランスを保つようにしておかれたギターをいざ弾くときに力任せに弦を弾いたり、ネックを握ったりすればそれだけでギターはバランスを失って床に落ちることになる。

  例えば左手。

  ギターのネックを写真のように親指と人差し指だけで挟んで宙づりにします。
left hand 3

  その状態で右指で弦を強めに弾いてみると楽器はぶら〜んぶら〜んと揺れます。
right hand 1

right hand 2

  これで楽器は床に落下します。

  だから力の入れる方向や強さに気をつけながら弦を弾くようにします。

  慣れると当たり前に大きな音が出てきます。

  ボディが揺れるのは、音になる以上の強い力がギターに加わった結果、その余分な力を逃がしているのだろうと思います。

  次に左手です。

  弦を押さえるときには1から4までの指で押さえてその裏側にある親指と挟むように弦を押さえます。
left hand 1

  このときに1から4の指が加えた力と親指が加えた力が均等でないと指を離したときにネックがぐらぐらと動き出して、これまた楽器が落下しそうになります。
left hand 2

  左手のネックが動いたときの写真は本当に分かり難いですね。

  ※、出来れば写真に矢印などを書き加えたかったのですが、その技術がないので分かり難いですが済みません。

.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

12:19  |  テキスト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |