fc2ブログ
2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.03 (Mon)

バッハ&藻岩山


  BWV1001をレッスンに持って来る生徒がいて。


  大凡全体で悩んでおられるが現在はアダージョで四苦八苦と云う。


  あの曲はまず旗が3本が基本と云っていいほど所謂真っ黒な楽譜に仕上がっていて細かいところは旗が4本5本と増えて行く。


  だから大急ぎで弾かなければと云う強迫観念がむくむくと沸き上がって来る、あの曲を譜読みするときは初めのうちは1拍を8分音符、又は16分音符で読むと分かりやすいのだが、そうすると4分音符や8分音符の長さで混乱してしまう人が出て切るところが問題。


  しかも最後のパッセージがもの凄く速く弾かなく茶と思うように書かれていて、素晴らしい演奏家はまったくその通りに演奏して感心するのだがなかなか普通の人では難しいことで。


  で先の生徒はいいところまでいくのだが最後の辺で指を開くように動かしていて、さらにその辺はそれ以前よりも細かい音が出て来るので動きにぎこちなさが出てきてしまう。


  だからあまり指を開かないようにして腕をリズミカルに動かして弾いて方が宜しいですよ、と云うがなかなか永年の癖と云うものは抜けないようで苦労なさっている。


  で、昨日は予定通りに今期8度目の藻岩山へ。


  良き山登り日和のせいかもの凄く車が多くて、で案の定途中でも頂上でも下りでも大勢の人とすれ違った。


  なかなか以上のご高齢の山ガールとすれ違い、なんとやる気満々の目とヒョウ柄のタイツが印象的で。


  で、小柄な女の人などが下りで少し大股で歩いているところが、ちょっと威張っているように見えて可愛らしいなと思った次第で。

スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

11:59  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |