fc2ブログ
2015年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.06.19 (Fri)

人との関係

 例えば演奏にはその人の人格とか人としての器が出るよね~なんて思ってみたりするのだが、本当のところは分からない。

 ソロのリサイタルにせよ、大勢が出演する演奏会にせよ、様々な個性と誰の追随を許さぬような技術を携え自らの個性をぎらぎらと輝かせようとしているようなそんな大勢の中で、自分を確保し続けステージ上では満面の笑みを浮かべて誰も真似が出来ないような技術に裏打ちされた音楽性を圧倒的に、またはカリスマのように、或は人を超えた存在を表すかのように披露して聴衆の心を鷲掴みにするような人って、人としての器の大きさとどれだけ関係があるのか、僕にはさっぱり分からない。

 例えば誰かと一緒に演奏をするような場合に、互いのなんと云うか威圧感と云うか存在感と云うか、そういうものに知らず知らずのうちにどちらか一方が飲み込まれていって、結局相手の土俵で相撲を取るような感じで本来の自分を出せないまま終わってしまう場合が多々あると思う。

 しかしそれは両者ともに演奏に不満を持ってしまうだろうから、きちんとバランスをとって、互いの力関係が拮抗する程度に持っていくのが大切なのだろうと思う。

 これは二人以上の集団で何かをするときに対等な関係性でいることが絶対的に必要な場合に肝に銘じなければならない重要なことなのだろうと思う。

 だいたい何でも相手の言いなりになってしまうような人は、その方が気が楽だと思うこともあるかも知れないけれど、そう云う立場でない人は、一度自分と云う存在を客観的に見て、相手に呑まれていることに気がついて(それはつまり相手の土俵にいると云うこと)自分をしっかりと保つことが必要なことであると思う。

 常に新しい人と仕事をするような人ならば無理だけど、同じ人と何度も演奏したり仕事をするような人ならば常々の打ち合わせなどの時間を利用して相手にのまれている自分を自分本来の土俵に連れ戻すことを練習して身につけることが出来れば。

 よろしいだろうね、と思ってみたりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

20:43  |  身体  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |