fc2ブログ
2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.20 (Wed)

摩訶不思議なギターの音量

 他の楽器に比べれば、所謂クラシックギターと云う楽器は、楽器と演奏する人間と、まあある程度は弦との兼ね合いによって音量の違いがもの凄く多いように思われる。

 例えば同じ人間が同じ楽器、同じ弦という条件で演奏しても、環境はそのときの緊張の度合いなんかによって驚くほど大きな音で弾ける場合と驚くほどならないね~なんて云うことになったりするものだから、相変わらずクラシックギターと云うのは神経質な楽器だと思う。

 だから演奏する側のこちらとしてもそのときの状態によって音の大きさが変わるから自信満々に「このギターはでっかい音が出ます!」と言い切れないところが辛い。

 即ち、クラシックギターを演奏する人間は、心臓にはびっしりと太い毛が生えていること、面の皮が恐ろしく分厚いこと、鋼の精神を持っていること、しかし繊細なタッチを併せ持つこと、などの条件が必要だと云うこと。

 ・・・そんな人間なんておれへんやろ~!と云う愚痴が出るのは至極御尤もなこと。

 で、先日の山菜採りは雨天のために延期になって、僕はそのために楽になったと云うことはなくて、いつも通りに午後から千歳に行って相変わらず教室の掃除やら、買い出しやら、練習やら、レッスンやらをこなして、しかも最後に来た生徒には思いのほか時間がかかってしまって保護者の方には申し訳ないことしちゃったかなと、ちょびっとばかり反省などをして、家路についてと云う普段通りのことを普段通りにしてみたりした。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

13:24  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |