fc2ブログ
2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2015.01.31 (Sat)

こってりもね

 出来のいい人の演奏を聴いていると、聴き慣れてしまって飽き飽きしたような曲であってもなんだか新鮮に聴こえてきたりする経験が、稀にある。

 例えば今日はアストゥリアスで。

 この曲を僕は独学の頃から必死に練習した曲で、大凡のことは知っているつもりだった。

 前半後半が速く軽快な部分で、中間部がしっとりと歌い、仕舞に出てくるコーダでしっとりとまたちょっと幻想的に終わると云うような。

 しかし今日聴かせてもらったアストゥリアスはちょっと違って、中間部がしっとりと歌うと云うよりも若干こってりと歌い回していた。

 これ迄は、速さの違いと歌い方の違いばかりが認識されていたけれど、今日に限ってはなんと云うか濃度の違いとも云うべき部分を発見することができた。

 試しに自分でもやってみたらば、あんまりこってりすることができなかったのはちょいと悔しい。

 あそこがこってりするのが正しいのか、どうかは分からない。

 その前に、あそこがこってりってなんだか厭らしい雰囲気でちょっと拙かったかと思うのだが、まあ気にしないことにして。

 あっさりとさくさくしたパンにいろいろな細かい味のこってりしたレバーペーストを塗って食べたときのようなあさっりとこってりの絶妙の何やらと云う感じで、そんな演奏ができたら素晴らしいんだろうなと、まだ朝から何も食べていない空腹の僕は高校生の演奏を聴いてそんなことを思った。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

12:42  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT