fc2ブログ
2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.12.08 (Mon)

つくづくだよ

 自分はつくづく天の邪鬼的な性質を持っているのかなと思うこと頻り。

 野山のなんてことのない草花にはもの凄く美しさを感じるが、ガーデニングみたいなわざとらしい代物には、または同じく野山で小動物的なリスや、爬虫類、両生類的なものを見ればとても気持ちが踊るのだが、巷でペットなどを引き連れている人を見ると微妙な気持ちになる。

 僕が生まれた頃の函館では、犬を飼うなんて云うのは近所のお宅に子犬が生まれたから貰ってくると云う場合や、父親が酔って野良犬を連れてきたりと云うことが一般的であって、ペットショップで金を払って買うと云うことは思いもよらぬことだった。

 だから今でもペットが欲しくてペットショップで動物を買うと云う話しを聞くと、まるで人身売買をしている人かのように思われて、若干名状しがたい気持ちになる。

 食事に関しても、訳の分からぬ創作料理や、無国籍料理の店は見向きもしないが、稀にそう云うところで宴会をするのだが、食べて美味しいと思ったことはまるでなくて、ごく当たり前のベトナム料理店でオーソドックスなフォーを食べたときの方が感動の度合いが強い。

 つまり、個性を出そうとして我ばかりが出てくるものに食傷すると云う感じ。

 自分が思う自分の個性なんてつまるところ、自分的に考える最先端の流行なのだろうが、それは其処に至るまでの道のりの間に、ものの見方がとても近視眼的であったり、可笑しな観念に縛られているためで「これが最高だ」と云う思いつきの確信に縋っているようなものにしか思えない。

 そう云う人は、これはあの人も勧めているからこれがいいのだと云うように、誰かの意見がさも絶対的なもののように思われて、だからそれをすることで自分が流行の最先端を行っているという風な思い込みを。

 ・・・だから僕は天の邪鬼で、偏屈なのだろうと思うのだ。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:36  |  精神  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |