fc2ブログ
2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.12.05 (Fri)

日本歌曲と神経質な楽器と

 日本歌曲の伴奏をすることがあって、その度に思うことなのだが。

 通常演奏する日本歌曲の殆どがピアノ伴奏付きの歌曲で、それをギターで演奏をする訳なのだが、見ると音の数が少なくて簡単そうに思えるのだが、いざ音を出し始めるとまったく楽譜に見える景色とは全然別の得体の知れない音楽に成り果てることがある。

 例えば北原白秋作詞、山田耕筰作曲の「からたちの花」の伴奏はまるで水墨画のように濃淡のある墨が長く長く、太かったり細かったり擦れそうになったりしながら持続するような書法で書かれていたり、または1拍ずつ和音が連続するような曲ならば、下手をするとまるで軍歌を聴くような縦ノリがもの凄く強調されたようになってしまう。

 と云うことで日本歌曲を練習するときは常に自分の力足らずをまざまざと知らしめてくれるものなので、ありがたくもあり、またありがたくもない存在としてある。

 で、力足らずを頑張りという屁の突っ張りにもならないもので補おうとしてギターを力任せに弾いた結果、楽器はつむじを曲げてまったく鳴らなくなった。

 それは「お前全部間違っているぞ」と僕を嗜めているようだった。

 実は、今日はその初めての合わせがあって、それは練習と云うよりも調を決めたりどういう風にやるのかを決めたりという打ち合わせと云う性格の強いもので。

 それで、僕が持っていた調では相方の声域に合わないと云うことが分かって、そう云う細かいこともこういう場合の重要な打ち合わせのひとつで、それでも取りあえず合わせようと云うことで、古い古いギターを取り出して調律を5度ほど下げて取りあえず合わせてみて、次に別の曲を本来使おうと思っていたギターで合わせて、いろいろやっているうちにどんどん音が鳴らなくなってきて。

 仕方がないからあまり演奏会では使わないギターに持ち替えて弾いてみると、それはそばなりがするし環境が変わってもあまり音に影響がないと云う安易な理由で今回はそちらを使いましょうと云う話しになって、今日の合わせは終わって。

 ちょっと一休みして、いつもの練習を初めて暫くしてみたら、さっきまで全然鳴らなかったあいつがどんどn腹の底から音を出し始めて。

 なんて敏感な楽器なのだろうと感じ入ってしまった次第で。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:25  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |