fc2ブログ
2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.21 (Sat)

今年の演奏会と

 思うところがあって、毎年行っているソロリサイタルを、会場を変え、内容も少し違った形、つまり前半を僕のソロ、後半を国際的に有名で今年もスペイン公演を行う赤坂孝吉氏のお力を貸していただいてデュオ演奏をすると云う形で行うことにしたのだが。

 そのチラシの校正がやっと終わって、尤も僕の見落としによるミスがまだあるかもしれないから心配の種は尽きないのだが、そのうちに出来上がるので、そうしたらこの場などでお知らせをいたします。

 思うところの内容は、いろいろと遠近法的にあってそれらを俯瞰的に見たときに、ちょっとここいらでひとつ腹を括ろうと思い、こんな形の演奏会を考えるに至った。

 思うことは、いろいろと重要度とか、あれもこれもなどいろいろな要素が絡んできて、最終的には時間との兼ね合いがあって決まってくるために「これがその原因だ」と特定することは不可能に近いもので、そういうことのために上に書いたような分かったような分からないようなことを書くしかないと云う体たらくになってしまう。

 ただもう中途半端が厭になったと云うことだけは確かなことだ。

 だから今年は少しばかりじゃないほどに焦る気持ちがない。

 勿論、やる曲は全部難しいものだが、変に追い立てられるような心持ちがしない分だけ平常心でいられる時間が長いように思われる。

 生徒がよく云うことは、自分は物覚えが悪いので他人の何倍も時間がかかります、などと云うのだが、僕は器用に何でもすぐにできるなんて人を見た試しが殆どない。

 一見器用に見える人だって、恐ろしいくらいに練習と勉強をする人ばかりだし。

 本当に器用そうにに出来てる人って、自分の出来る範囲の中で出来ることしかしない人で、それは誠に結構なことなのだが、そればかりやっていたら、進歩が出来なくなる。

 その善し悪しについては今は何も言わないけれど、常にベストを望む人たちって、それはプロもアマモ変わらず何をするにももの凄く時間がかかるものだ。

 だから不器用なのは、常にベストを尽くす人なんだと思うことにして、自分を慰めてみたりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

17:52  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |