fc2ブログ
2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.30 (Mon)

苦しくない姿勢で

 ギターの演奏スタイルはいろいろあって、椅子に座って左足にギターの括れた部分を乗せる人、逆に右足に乗せる人、足を組む人、組まない人、立ってストラップを付けて弾く人、立って椅子にどちらかの足を乗せてそこにギターを乗せて弾く人、寝転がって弾く人等々。

 寝転がって弾くのは、正月に実家で寝転がった状態で暇つぶしに僕がギターを弾いてみた訳だが、安定はしないけれど、とても難しい曲以外は弾けないことはないと云うことを発見した。

 先達て、普段どんな姿勢でギター練習してるのと新しい生徒に尋ねたところ、床に座ってとの答えがあって、じゃあその楽な姿勢で弾いてみて、と云ったところ、フローリングの床の上に正座して弾き始めた彼女。

 その姿はまるで、三味線のお稽古。

 板の間に座布団もなく正座をして弾くのが一番楽だと云うが、固い板の間に長い時間座るのは、殆ど拷問に等しい苦行だ、それを回避するために慌てて安いクッションを買った。

 で、これを使ってみてと次のレッスンで試してもらったところ、具合がいいとおそらくお世辞半分以上のコメントをしてくれて、それを真に受けた僕はいつも通りの時間彼女を正座させてしまって、レッスンが終わった刹那彼女は、足、殊に膝が痛いと苦悶の表情をしているのを見て、己の莫迦さ加減を身に沁みた次第で。

 いろいろ気を付けなければならないことが多くて、その程度のことは当たり前のサラリーマンの方々は毎日のようにこなしているんだろうな、なんて思って自分の甘さを痛感した次第。

 もうひとつくらいクッションを買うか、レッスンをもう少し小刻みにするか、ちょっと考えてみたりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

17:55  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT