fc2ブログ
2014年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.04.01 (Tue)

自分の演奏

 いろいろな楽器を演奏する人との合わせや、いろいろな演奏会のリハーサルなどで自分の演奏をチェックするために様々なレコーダーと云うか録音機で録音する人がいるのだが。

 歌でも例えばヴァイオリンなどでも一番気に掛けるのが音程の甘さで、だから合わせの度に録音して、合わせが増えればそれだけ音程が良くなる、まあそんな簡単なことだけをチェックするためだけに録音する訳ではないのは明らかなのだが、確かに録音をする回数が増えればそれだけ演奏の質が高まることは確からしいことだ。

 しかし最近のビデオカメラの大きさはちょっと太めの海苔巻き程度だから嵩張ることもなく持ち運びができるので、それを用いて録音及び録画することが以前ほど困難でなくなっている。

 そんなことは僕以外の多くの人が分かっていることだろうが。

 音だけ聴くのと映像も同時に見ることができる場合との違いは、演奏を聴いて可笑しそうなところはだいたい演奏している手つきや身体の使い方のどこかに無理や間違いがある場合が多い訳で、その具体的な問題点が視覚的に理解できるところにあって、問題の場所を特定するのがもの凄く簡単になって練習のポイントが絞りやすいと云う利点がある。

 とは云え、自分の演奏を聴いたり見たりと云うのはもの凄く気分のよくないもので、だから今のところ生徒にも強く云っていないのだが、もう少しそれに耐えられそうになったらレッスンの時間に演奏を一緒に見ようかななんて思ったりしている。

 生徒は嫌がるだろうか。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:26  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |