fc2ブログ
2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.12.17 (Tue)

新たな次元での集中を

 昨日書いた集中力のことは、あれだけの内容ではまったく分からないままになってしまって。

 それはある出来事があって、それに至るための発端のように書くことになってしまって、それは一度に書いたらもの凄く長くなるし、そんなに長く書くだけの時間もなかったからであって。

 その出来事とは表面的にはまったく何の違いもなさそうだけど、手触りや実感として楽器を扱うことの次元が高まった瞬間に出会ったことが大きな切っ掛けだった。

 それは簡単に云えば、できるだけ両腕や両手の動きがなんの差し障りもない状態で演奏ができると云う現象を身を以て感じた瞬間の、実に楽器を弾くと云うことがこれだけ簡単でらくちんで、何を弾くにも一所懸命とか必死にと云うような楽器を演奏するときに常套句のように出てくる言葉が一切必要がないと云う、目から鱗ではなくって自分がまるで異次元に突然移動してしまったと思うような、そんな顔で弾く人がいたりする。

 それはまったく万々歳と諸手を上げて大喜びしたい気になったのだが、少し聴いていると、どうも様子が可笑しい。

 なんだか気が抜けたような音と表情でだらだらと演奏が続いていくのだ。

 ありゃりゃ、それまでは楽器を演奏すると云うこと自体が一所懸命と云うテンションを加えていたので、そのテンションが必要となくなった今、どうしようもなく集中力も丁寧さもなくなった演奏になってしまったと云うことに気づいた彼は、何故か笑い始めて演奏を止めた。

 僕も笑った。

 いやあまいりましたね。

 本当ですね。

 何も抵抗がない状態で楽器が演奏できる状態になったときに、何を以て集中するのか、それが次の問題であったりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:45  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |