fc2ブログ
2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.11.19 (Tue)

いよ!カルカッシ!!

 そう云えば、先日のレッスンであるとてもギターの上手なAさんが、今度の発表会ではカルカッシの25の練習曲からいくつかを選んで演奏したいと思います、と云ったのだ。

 我が身を振り返れば、音階練習とアルペジョを済ませて弾きたい曲に至るまでの間にのさばる厄介なものと云う認識だったのだが、また仮に発表会でカルカッシを演奏する際でも、それは決して演奏者自らがノミネートするのではなくて、先生がこれにしたら?と謂れ、止むなく承諾する曲だったはずなのだがこれはいったい。

 確かに、先日の小さなライブで僕はカルカッシの25の練習曲全部を前半のプログラムとして演奏したのだが、よほどの思いがなければそんな曲を発表会で取り上げようとは思わないのではないか、と思ったのだ。

 カルカッシの練習曲を考えると、まず殆どどの曲を眺めても、様々な表情を持った曲であると云うこと、それは練習生に様々な表現を身につけさせて聴く人の度肝を抜こうと云う、また指板全部を使い切るどころか演奏中ずっと指板を飛び回ってひとつ所に落ち着くことがまずないと云うところを見ても、エンターテイメント性と云うか、見た目の派手さと云う所謂魅せる演奏を身につけさせようと云うような25曲のエチュードと云うことが分かる。

 つまりそれをきちんと身につければ必ずやヴィルトゥオーゾの素養が身に付くと云うようなありがたい内容のような練習曲集。

 以上、今日はカルカッシへのヨイショで。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:44  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |