fc2ブログ
2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.27 (Tue)

意識と無意識の境界

 そろそろ、というかもっと前からしているのが大切なのだが、リサイタルで配布するプログラムに載せるコメントを考え始めて、困っている。

 毎年書き方は変わっていて、そのときの思いを書くときもあれば、初めてくる人の顔を浮かべながら書く場合もあるし、当然僕の認識不足による書き間違いや、変換間違いもあるのだが、それはそれで勘弁してもらうよりほかないのだが、そんなことの全部がその言葉の中に詰まっていることになると思う。

 だからその言葉に内容があまりなければ、特に云うことはないと云うことなのか。

 云うことがないと云うことは、どういうことなのか。

 まったく何もないと云うことなのか。

 と云うようなこの時期に、最近はエスに関する本を読んでいる。

 エスって云うのは、意識とは違う抑圧されない自我とか云うらしいのだが、今のところ僕には分からないことだ。

 しかし簡単に意識と無意識との境界線のことを考えているときに、ふとこんなことを考えた。

 意識とは、言語活動のこと。

 それ以外の感覚の全部を無意識と云うのではないか、と。

 それは今の所ただの思いつきなのだが、そのうち時間ができたらちょっとばかり考えてみたいなと思ったりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 哲学/倫理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

19:21  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |