fc2ブログ
2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.14 (Wed)

ある日突然

 今度の日曜日にやるライブは、あんまりお客が入らないのが精神的に厳しいところだが、そりゃあほぼひと月おきに広いとはいえ狭い札幌市内で3回もライブやリサイタルをやるのだから、よほどのカリスマ的オーラを放つような人でなければ満員御礼の連続はあり得ないのだろうと考えて、自分を慰めている次第。

 何を喋ろうか、どんな風に進行しようか、などと考えてもなんのいい案が浮かぶ訳でもなく、仕方なく先達てのテレビの話しをしてごまかそうか、と考えるのだが、それにしてもそんな話題を持つことができることがありがたいことだなあと思ったりする。

 だからといって、話術に長けている訳ではないからその話しはおそらくお客さんを乗せるほどの力を持つ訳でもなさそうで、ただの隙間を埋める程度の役割にしかならないだろうなんて考えてみたりして。

 そういえば、先日の夏祭りでのこと。

 きちんと踊った子供には景品が当たることになっていて、町内会が用意した景品を我々が子供に渡していて、その最後の頃役員たちの持っている景品が底をつき始めた頃にまだ景品をもらっていない子供がおそるおそる僕の近くに来る。

 その後ろにいる親は、ほら貰ってきなさいと云うのだが、その子はとても引っ込み思案の子のようでただ突っ立っているまま。

 そういう子供が二人いて、僕はどちらに渡そうか、と考えていると突然、私貰ってないと強い口調できた子供が力強く腕をのばしてきて、僕はその力強さに押されてついその子に渡してしまった。

 そんな子には渡さないようにしようと、なぜなら順番が最後なものだから、と考えていたもののつい力に押されて、僕はなんだか隙をつかれたような感じで渡してしまった。

 子供たちは泣いていたが、僕は自分の不甲斐なさを呪ってしまった。

 その後、そんな事態に立ち会ったときに、僕はきちんと彼らを裁けるだろうか。

 なぜか今度のライブの進行を考えているときに、そんなことが思い浮かんで消えない。

 なんでだろう、なんでだろう、ななななんでだろう~。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:54  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |