fc2ブログ
2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.05.11 (Sat)

山菜と散財と

 5月も中旬になっているのにまだ彩り豊かな景色になる気配がない。

 もういい加減山菜のひとつやふたつが顔を出していてもいい頃合いだろうと思い、千歳教室に行く道を支笏湖経由に変更してみた。

 真駒内駅を越えて、芸術の森を越え、空沼岳、漁岳、恵庭岳を右手に見ながら国道453号線をひた走るのだが、今日は何故か白バイに乗った警官があちらこちらにいた。

 今日の僕の山菜の目当ては、フキ。

 しかし何処を見てもフキノトウばかりで肝心のフキは、発育不全のもの以外まったく見当たらない。

 仕方なくあちこち走り回り、小指ほどの細いフキを数本手に入れた。

 がっかりして教室に着く頃には、もう生徒が来る頃。

 わずか数本のフキを採るために僕は今日2時間以上も走った訳だ。

 昨年はフキを探してちょっとだけスピードを出し過ぎた角で警官に捕まって。

 つくづく山菜採りと云うのは、実りのない仕事なのだなと思う。

 ギターの演奏は、初めひとつひとつの音をしっかり弾くと云うところからレッスンを始めるのだが、その後いろいろなコンビネーションプレーを身につけるようにして、いろいろな曲を演奏できるようにするのだが、これがいろいろ落とし穴に満ちていて、いったいどこで躓くのか、躓いてみるまで分からない、そんな意地悪な経験を何度となく味わうことになる。

 そういう意地悪を経て、手の使い方、身体の使い方、その他諸々のことをある意味自在に使い分けられるようになっていくのだが、その辺の技術が、なかなか身に付かずに苦労している人が多い。

 だからやむを得ず、躓いては起き上がって地ならしをして、また躓いては地ならしをして演奏の実力の全体に渉って均等な地盤を作り上げることが我々の毎日の苦しみと云うか楽しみだったりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:05  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |