fc2ブログ
2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013.03.29 (Fri)

バッハのお披露目と

 今年になってからだと思うけれど、時間があればバッハの主よ人の望みの喜びよを練習してきた。

 楽譜はマイラ・ヘス編のピアノ曲を元にできるだけ妥協しないようにして音をギター譜に移し替えた。

 だから目一杯指を広げたり指板を行ったり来たりするような、穏やかで崇高でありながら優しさに満ちた原曲とは大違いの汗水垂らしながら鼻息荒く息も絶え絶えに演奏しなければならないような出来上がりになった。

 そんな話しを生徒さんにして、もうちょっと弾けるようになったお聴かせしますと云ったまま数週間経って。

 前回のレッスンの時に次回は主よ人の望みの喜びよを弾いて下さい、と云われたので、今日が本邦初公開と云う運びとなった。

 レッスンが一通り終わって生徒さんも持っている素晴らしいギターを借りて、一応呪いと云うか忘れたときのために楽譜を置いて、弾き始めた。

 あっという間の3分か4分の出来事なのだが、いろいろ勉強になる発表だった。

 しかしぐったりする暇もなく、今度は自宅に帰ってハードなレッスンの準備をする。

 なにしろ今度の生徒さんは、持ってくる曲が盛り沢山で、今はヴィラロボスのプレリュートを全曲なのだ。

 僕も彼も現実には一度も行ったことがない南半球のブラジルの音楽を、ああでもないこうでもないと、ディスカッションするようにレッスンは進んで行く。

 殊にギターで演奏するヴィラロボスは、彼のオーケストラやアンサンブルの演奏とは違って、かなり鋭角的であったり攻撃的であったりするのだが、ギター以外の彼の曲を聴いてみると、もっと柔らかくて厚くて、熱い音楽が相応しいと思うので、その辺のことを僕が弾いて生徒さんに聴いてもらったりしている。

 殊に和音での音の混ぜ方が、少しでも違うと音が濁ってしまうからその辺のところを彼のギターを使って弾いてみたりして、感覚を掴んでもらうようにしてみたりする。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

18:43  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT