fc2ブログ
2013年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2013.01.29 (Tue)

あるギャラリーを観て

 絵を見る道楽があるからあちこちの美術館や個展や画廊と呼ばれるような場所に出向くことが多い。

 しかし大抵は国内的世界的な画家の方々の作品群で、その他はそこまで有名ではないのかもしれないけれどやはり優れた画家の作品、などと云ったいずれも名実相伴うような方々のものだった。

 しかし昨日は、どこかの学校を卒業したばかりの新人が何人か集まって行われた作品展を観た。

 作品の数はとても少ないけれど、それぞれの個性が表れていて面白く観ることができた。

 表現をする人には、自分の持っているセンスに気がついてそれを見事に使い切ることができる人、自分の技術を高めて行く中で誰でもない自分と云う確固たる表現を目指す人や、作品を観た人の心の中に某かの感情の揺れを起こそうとするような誰かに何らかの反応を示してもらいたいと云うような意識で行う人などがいる。

 新人ばかりじゃないけれど、凄いことをやりたいけれどどうやればいいのかがいまいち分からずにとにかく必死にやった結果が上に書いたような評価を心ならずももらってしまうような人が多いのかもしれない。

 それは絵を書いても、曲を書いても演奏をしても、文章を書いても同じことだろうと思う。

 どういう意識で表現したいのか、その意識のどれが優れていてどれが優れていないかなんてのか誰にも決められないことで、尤も評価をどの辺に置くかによってある程度の答えは出るのだろうが、その大元は個人個人のもともと持っている資質に相当左右されるのではないかと思ったりする。

 絵を描く場合には、そこにどんな色をどんな風に置くのかをよく考えてそのイメージ通りに書くように筆使いに磨きをかけて描くのだろうと思うが、その辺にそれぞれの個性が色合いとして、擦れ具合として、一見ひとつの色にみえそうだけど細かく色を使い分けてみたり、濃淡の付け具合として現れてとても面白いものだった。

 同じことは、演奏をする人の行為の中にも明瞭にも、或いは不明瞭にも現れるのだろうと思いつつ僕は会場を後にした。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

09:03  |  精神  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |