fc2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.17 (Thu)

バッハと云うろくでなし

 バッハを弾かない日が1日としてないような年月が20年を有に越え、改めて感じるのはバッハを弾くことの難しさである。

 これまた毎日バッハを練習すると云っていたあるヴァイオリニストはただ弾くのは難しくないけれど、内容をしっかりと噛み締めながら演奏するとなるととても難しい、というようなことを云っていたけれどギター弾きに取ってはただ弾くと云うこと自体が既にとても難しいことだろうと思われる。

 長いことバッハと取り組んで苦労のし通しで先行きだって暗いままで生涯報われることがないことを悟った人々はおそらく、あんたが嫌と云う訳じゃないけれどこれまでだっていいことがなくってこれからだって景気のよくなりそうな気配だってないじゃあないか。あたしはもうこんな生活にこりごりしたんだからどうぞ別れてくださいな。なんて離縁を申しつけるのだが小川さんと云う人は如何にも風流人と見えて、あいよとひとつ返事で三行半を書いて渡すのである。受け取ったかみさんは多少後ろ髪を引かれつつも新しい未来に向かって歩き出す、と云うような具合でバッハと訣別するギター弾きは相当いるだろうと思われる。

 そんな人が、未だバッハにしがみついているかみさんの家に押し掛けてよせばいいのにお節介なことを申し出たりする。

 ねえ小川さんの奥さん、あんたいつまであんな甲斐性なしと一緒にいるつもりなの?あんな奴と一緒にいたって生涯日の目を見ないよ。あんただって未だ老い朽ちたと云う年でもないんだからまだ良い人に巡り会うことだってあるしまだまだ一花も二花も咲かせることだってできるじゃあないか。あの人だって決して悪い人じゃないよ、でもこのままじゃあんたが可哀想だよ。一人で云い難かったら私が口添えしてあげようか?

 なんて余計なお節介をする人がいたりするものですが、当の本人はあっけらかんとしたもので、仰ってくださることはとてもありがたいのですが、私はあの人と別れる気はこれっぽっちもございませんわ。確かしにこれから先もいいことはないかもしれないけれどそれが嫌だとか思ったことは1度もありませんよ。

 そんなこと云ったってあんたのなりを見てご覧。年中単衣だか合わせだか分からないような着物着て、紅だってさしたことなさそうじゃないか。あの穀潰しはお前さんに着物の一枚やかんざしのひとつも買ってやってことはあるのかい?あんな無駄飯食いのいったいどこがいいんだい?

 そんなこと口で言うことはできないけれど、でもあの人優しいところがあるの。

 なんてのろけ話を聞かされちゃあ談判に来たかみさんだってもう二の句が継げずにすごすごと帰っていくしかないだろう。

 大方の人はそんなバッハさんには愛想をつかして別れるのであるが、稀にバッハさんに惚れ込んで生涯苦労を背負い込む人も出てきたりするのである。

 実に、あやかりたく・・・ないものかもしれない。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

13:02  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |