fc2ブログ
2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.16 (Tue)

キレたもの勝ち?

 近所のスーパーマーケットは入口と出口のふたつのゲートがあって入口のゲートで駐車券を受け取り出口のゲートで精算、と云ってもほぼ只なんだけど、すると云うシステムになっている。

 駐車場内は敷地の外周とそのうちの対面する2辺に数本の通路が設けられていていて一応事故の起きないようになんとなく一方通行のような規則ができていてスムーズな車の出し入れができるようになっている。一応はね。

 出口に向かうことができる通路はふたつで、出口付近で合流するのだが、合流のタイミングはどちらかと云うと運転手の気配りに一任されているようである。

 だから図々しい人は図々しく出口に向かい、気の弱い人はそれら図々しい組が出払うのを長い時間待たなければならないのである。しかも気の弱い人の車の後ろに図々しい人がいたものならば心ないクラクションが響いたりすることになるかもしれない。

 今日そのスーパーの駐車場で僕は出口を目指していた。僕の前に行く運転手の先頭はどうやら少し図々しい人で、と云うか合流地点の遥か向こうで待っているご婦人のもの凄く気の弱そうな人で、この分では彼女は未だしばらく駐車場から出られないだろうと思われたので、僕は合図をして彼女に道を譲った。

 僕は彼女が精算を済ませた後に精算するつもりで車を発進させた。

 すると彼女の後ろに急いで近づいてきたライトバンが彼女の後をぴったりとくっついて僕の進路を妨害した。

 しかも彼はもの凄く強引に僕の邪魔をしたのではなく、終止僕の方見ないでこそこそと出て行ったのである。

 きちんと意思表示をしないでなんとなくこそこそと、殆どこそ泥のような振る舞いで厚顔無恥な真似をする。

 しかもバレたらキレる。

 それこそキレた者勝ちであるかのようにキレるのだ。

 なんでそんなことができるのかと云えば、そう云う人はあんまり言葉の使い方に堪能ではないから、自分の気持ちを言葉に表して考えると云う習慣がないのである。

 だから感情に支配されて生きている。

 だから気分の良し悪しだけが彼の価値観のすべてである。

 どう見てもそんな人は文明人とは云えないだろうと思う。

 どうもそんな人が最近多いような気がしてならない。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

19:28  |  身体  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |