fc2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.02 (Mon)

雨と風の今日

 日本の4月末から5月の初めに祝日が集中すると云うことで意味ありげに黄金週間と名付けられているこの時期は、やはり盆や正月とは違う雰囲気があるようである。

 それは正月や盆は家族を始め親族が集って飲んで喋って血縁関係の秩序を確認しあうと云うような感じであるが、黄金週間と云うのは、家族で遊ぶと云うこと以上に友達など血縁関係以外の人間と羽目を外して遊ぶと云う意味合いが強そうに思われる。

 だからこの時期の連休中にレッスンを入れると云うことは、実に難しいことになったりする。例えば、今回僕は黄金週間の翌週には道外に1週間ほど高飛びする事情が生まれたためにレッスンの休みを5月の第2週に移動しなくてはならなくなり、それを相当低姿勢になって彼らに説明して了解を得なければならないと云う面倒な手続きが必要となるのである。

 しかもそのようなことをして予定を調整しても尚、突然にレッスンを休むと云う連絡があるのは当然である。何故なら今は日本中がGWだから、である。

 そんなことで意気消沈しながら、昨夜は譜面台をひとつお釈迦にして、今日は強風と雨の中街に出て銀行に行ってあたふたして、リサイタルのためのホールの契約に行っておろおろして、家に帰ってから次の本番のためにギターの弦を張り換えてみたらばその弦が使えないものでうんざりして、そんな感じで小さな溜息をひとつついて外を見れば窓は、雨の筋道が斜めに幾筋も通っているばかりでなく風が窓全体を押すものだから瞬間的に僕の部屋の気圧が変わって耳が痛くなって、と云う思いでが次々と甦ってきた。

 記憶が走馬灯のように甦るのは不吉の前兆かどうか知らないが、ともかく僕は過去を背負ってギターを弾き始めた。

 おそらく今日は湿度が高いのだろうギターはぼさぼさした音を鳴らしていた。

 部屋は相変わらず汚れまくっているし、提出しなければならない書類は書きかけのままである。

 僕は一人静かにバッハを弾いて、現実逃避をし始めた。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ○○について考えよう - ジャンル : ブログ

19:30  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |