fc2ブログ
2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.31 (Tue)

失敗も、味わい

 デジカメや携帯電話のディスプレイ程度の小さな画面で折角撮った画像を誰かに見せようと思ってもあまりいい具合に見せることができなくて、やはり綺麗な紙に印刷した方が具合がいいものである、と云うことに気がついたので今朝は散歩がてらに近所のコンビニに行ってプリントしようと立ち寄ることにした。

 以前も別の店で携帯の画像をプリントしたことがあるので、特に不安はなかったけれど、今日の機械は何だか手強そうな印象を僕に与えた。

 タッチパネルで操作していくと、プリントされる紙の大きさがどうもA4サイズばかり表示されて、僕の好みのもっと小さな紙に印刷してくれなさそうなある種意地悪そうな文字ばかりが現れ続けてきた。

 仕方ないからA4サイズに4枚の写真をプリントすると云う設定で10枚プリントしてみて、都合40枚の写真を手に入れるのに要した費用が1,200円と云う途方もない額であり、僕はひょうっと唸ってがくっと項垂れた。

 更に機械が吐き出した写真は、雑な印字をしたせいか見苦しい写真の山が現れた。

 僕はなんとなく釈然としない気分で家に帰る道すがら、家にあるプリンターに光沢紙をセットしたら自分でも写真のようなものを印刷できるのではないのか、と云う思いがむくむくと湧いてきて、それまでの釈然としない気分は消え去っていた。

 しかし機械に不慣れな僕がそんな難事業を無事にやり終える気がしなかったけれど何ごとも練習することが大切で、それがいずれは経験となっていくのだろうと思いつつ近くのスーパーの電気関係の売り場で手当り次第に紙を買った。

 結局悪戦苦闘の末に50枚程度プリントがすることに成功した。

 成せばなると云うことである。

 で、何も知らずにやって来る生徒にそんな写真を見せて莫迦みたいに喋ろうかな、と考えつつも、僕だって大人なんだからそんなはしたない真似だけはしないようにしようと僕は苦しみつつ今日を過ごした。

 それにしても、光沢紙と同じサイズのボール紙に間違って写真を印刷したものが出てきたが、なかなか味のある写真が現れて、失敗もなかなか捨てたものではない、と云うことに気がついた。
photo1.jpg
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

18:25  |  精神  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT