fc2ブログ
2011年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.04.06 (Wed)

練習しない勇気

 何度も本番に上げているような曲ならば、何時でも軽々と易々と目を瞑っても鼻をほじっても弾けるだろうと思うのは、早計である。

 難しい曲は、何時弾いても何度弾いても難しさが減るわけではなく、難しいところは相変わらず難しいままである。

 だからそんな曲を本番で弾くようなとき、尤もそのようなときでない本番の方が少ないのだけれど、我々は時間の許す限り練習を繰り返すことになるのは当たり前のことである。

 しかしそんなことをしていれば、疲れがたまり始める。

 しかしいくらか体力があれば疲れが溜まっても乗り越えることができるけれど、いざ限度を超えてしまえば、その後はもう身体の動きや頭の働きが鈍くなるのは仕方のないことである。

 鈍い感覚で演奏をするのは、切れない包丁で刺身を作るようなものである。

 だからいい演奏をするためには、できるだけ感覚を新鮮にして鮮やかで色彩的に演奏できるものは演奏したいと考えるのはある意味成り行きである。

 で、そのためには、つまり感覚を新鮮に保つためにはあまり練習し過ぎることはマイナスに働く。

 しかし、練習しないと弾けないのは目に見えている。

 さあ、ではどうしようか。

 その辺が、なんとも難しいことである。

 言い訳するけれど、今日の話しの僕のことではない。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ○○について考えよう - ジャンル : ブログ

21:21  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |