fc2ブログ
2011年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.04.01 (Fri)

ちょいと真面目に

 例えば、そりゃ何ともいえないわ、と清子が微笑みつつ云ってその微笑みの意味するところを津田が考えながら部屋に帰るところで漱石の「明暗」は中途で終わる。

 長い時間をかけて読み終わって僕はしばらくこの本の内容などについてあれこれと思案する。まず話しの流れを頭の中でおさらいして結局作家は何を云いたくてこんな長い小説を書き始めたのか、と云う辺りのことまでゆっくりと時間をかけて考える。考えなければいったい自分が何を読んだのかと云う手応えをまったく感じることができないからだ。

 同じように例えばブローウェルの永劫の螺旋、ヘンツェの王宮の冬の音楽、プーランクのサラバンドなどの曲をとりあえず一通り弾いたり聴いたりして、無音の部屋の中でじっくりと考える。

 それはまず音楽の流れを頭の中でおさらいして、結局作曲家はいったい何を伝えたいと思ってこのような音楽を書いたのか、と云うことをゆっくりと時間をかけて考える。考えなければ自分はいったい何を弾いて何を聴いたのかまったく分からないからで
ある。

 例えば、絵画や彫刻に関しても同様であって、結局何ごとに関しても同様であって、時間をかけて考えることがもの凄く大切なことなのである。

 何故なら、考えなくても感じることはできるけれど、ただ感じても考えることをしなければ作家の思いの一切を知ることは不可能だからである。

 考える時間が持てないほど忙しいことは、不幸である。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ○○について考えよう - ジャンル : ブログ

18:53  |  精神  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |