fc2ブログ
2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.09.30 (Thu)

プログラムのこと



 昨日、毎年リサイタルのチラシを作っていただいている方のところに支払いに出掛けた。

 彼はギターにも造詣が深く、いつもいろいろなことを話してくれる。

 そんな彼が「よくこんな難しい曲ばかりプログラムしたね」と云うような内容のことを僕に云った。

 確かに考えてみれば、今回は技術的に難しいと云うか、一般的に難曲と云われているような、または超絶技巧的な曲が組み込まれていたかもしれない。

 僕がプログラムを決める場合、まず第一に弾きたい曲、次に全体の流れに合う曲を選択している。

 勿論、決める際には大凡演奏可能であると云う目算を得てから、つまり通して弾いてみて手応えを感じてからプログラムに入れようとするのであるが、そのようにして選ばれ、組み立てられたプログラムが、通して演奏しようとするとき肉体的精神的にハードになってしまうことが稀にではなくあったりする。

 もしかしたら、今年はそのようにハードなプログラムだったのかもしれないが、流れとしてはなかなか捨てたものではないと云う風に考えている。

 不遜に思えるかもしれないが、僕には難しい曲と簡単な曲の区別がよくわからなかったりする。それは、曲がりなりにも演奏会で使える曲の中でのことであるけれど。

 速弾きや、面倒な和音が一切ないけれど、もの凄く難しい音楽があれば、とにかく身体を使って、汗水垂らして指を動かせばある程度音楽として成立する曲もあったりする訳で、そのどちらもそれぞれの難しさを秘めているからである。

 だから僕にとっては、全ての曲が難しいと思えるのである。

 だから、体力的にきついプログラムになってしまうことが多いのかもしれない。
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽を楽しもう! - ジャンル : 音楽

22:13  |  バカ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT