fc2ブログ
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.28 (Wed)

ダイエット効果あり?



 だいぶ以前のことだが、僕がバッハのプレリュードなどを四苦八苦して弾いている演奏を聴いたある人が、「あの曲はとても難しそうですね、それを聞きながら僕はこんなことを考えました」と云い、彼の記憶にあるエピソードをいくつか話し始めた。

 確かに演奏がつまらないと、聴衆は心此処にあらずと云う心境にならざるを得ない場合があるものだ。

 だが同じように、ある演奏を聴いてみて、すぐさま自分の記憶を甦らせて、それを味わい、それを演奏者に必死に伝えようとする人がいる。

 初めに書いた人々は、聴く価値がない音にうんざりして、やむを得ぬ理由で心を此処から解放するより方法がない人達であった。

 次に書いた人々は、そもそも音をそのように集中して聴くと云う習慣がないものだから、例えば速いパッセージであれば指さばきを眺めれば楽しい時間を過ごすことができるけれど、ただ音を聴けと云われても、つまらないとでも云うようにどんどん連想を膨らませてしまうのである。

 しかも後者の彼の問題は、自分では音を聴いている気分になっている、と云うことである。

 そう云う彼らに音のことを説明するのは、至難である。

 何しろ、彼らはゆっくりと流れる美しいハーモニーよりも忙しく動き回る音に、艶かしく移ろう旋律よりも派手な演奏効果に魅力を感じたりするのである。それらを彼ら自身が好んでいると云うことを彼らは気づいていないことが多いのである。

 そのくせ、彼らは一様に意識的には哲学的真理のような究極的な美しい音楽の演奏を理想としたりするのだから彼ら自身が戸惑うことは並大抵ではないのだ。

 で、我々は、もの凄く疲れるのである。

 しかも痩せるのである。

 ギターのレッスンは、ダイエットに効果あり、と宣伝したい程である。

,

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

20:31  |  才能  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT