fc2ブログ
2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2010.04.24 (Sat)

タイミングの善し悪し



 なんとなく、タイミングが悪いと思われるときがある。

 例えば、朝の忙しい時間に突然電話がかかってきてその電話の相手が話しの長いくせに用件のいっこうに済まない人で、それがために仕事に遅刻してしまい、そのことが問題となって左遷どころか首になってしまい、それがために家庭は崩壊、一家離散・・と云う程大袈裟なことではないけれど、なんだか知らないけれどすべての歯車が合っていないと感じられるときがある。

 例えば、話しをしようとしたら別の何人もの人が違う話しをし始めて自分の話しをする機会を逸してしまったり、逆に突然数人の人に、同時に質問をされて、誰の質問から答えればいいのか迷ってしまい、そのことを考えているうちに、彼らはめいめいに別の話題に移ってしまい僕はなんだか彼らの中で孤立したような気分になったりすること。

 例えば、それは楽器の演奏についても云えそうである。

 つまり、いろいろな些細なタイミングを少しずつ外してしまうために、結果としての演奏が凡庸になってしまったりするようなときなども、明らかに我々はタイミングを、そう文字通りタイミングが悪くなっていると云っていいだろう。

 タイミングは、悪いよりもいいのに越したことはない。つまりタイミングが良けれ
ば、物事はいい方向に働くだろうし、悪ければ、おそらく物事は悪い方向にしか働かないだろうと我々は経験的に知っていると思うからである。

 だから、なんとかしていいタイミングでことを果たせるように、何かを変える必要があるだろう。

 だが、その「何か」を見つけることはとても難しいことである。何故なら、それは自分では分からない種類の事柄だからである。何故分からないかと云えば、もし分かっていれば、我々はタイミングを逸することがないはずだからである。

 その「何か」が分かれば、と云う考えに囚われていることがすでに、そういう思いに囚われているのだろうな、と思う。

,
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 心の持ち方 - ジャンル : 心と身体

01:07  |  精神  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |