fc2ブログ
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2024.02.09 (Fri)

我がピアノの生まれ年

   松木幸夫 チャンネル




  最近部品が取れたピアノの部品を接着してピアノを元通りに直そうとしたけれど右ペダルが使えないことになってそのままにしたまま生徒が来る時間になったので修理は後日に延期。


  生徒さんも裸のピアノを見ることが少ない様子でじっくりをピアノの隅々を見物しながら「緻密な機械ですね」なんて仰っていたが正にその通りだと思う。


  その後いつも通りにハードな曲を時間を延長しながらやり終えた後の話で「ピアノのメーカーには製造番号でいつ作られたがわかるようですね」とせんとさんが仰っていたので裸のピアノの弦の張られているところに書かれている数字をメモした。


  レッスンが終わり、発表会の申込用紙を頂き、そのシリアルナンバーを検索してみた。


  そうすると1958年と出てきた。


  明から様に僕より年上のピアノだった。


  30年以上も前に買った時からボロだったのはその時点で生後30年を経たピアノだったと言うことだ。


  おそらく数日中にピアノのDIYは終わるだろう。


  これからもこいつと仲良くやっていきたいと願ってやみません。



,
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

15:00  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2024.02.04 (Sun)

楽器の置き方車編

   松木幸夫 チャンネル




  僕の教室には高価な楽器を持っている生徒が多い。


  僕は楽器を車に乗せる時に後部座席に乗せるか後部座席に座り足を置く床などに置くのだが、彼らはハッチバックの床面に毛布を敷き詰めたり後部座席にこちらも暑い毛布を敷いた上に恭しく楽器を乗せて移動するので、いつ見ても「楽器を丁寧に大事に扱っているなあ」という感想を持つ。


  その点僕はケースを少しずらすときは足を使ったりするし、スタンドを使わずギターを直立させたままということもしているから傍目から見ればまるで楽器を大事にしていないという風に見えるんだろうと思う。


  しかしである、それで楽器を壊したということはない(弦の留め方をミスって表面番に傷を付けたことなどはある)。


  楽器を大事に扱う彼らは少なくとも一度程度は大きな衝撃で修理が必要な事態になったと思う。



  楽器を傷つけない様大事に扱い続けるということは・・・いろいろと気苦労が・・・。



.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.10.18 (Wed)

415Hzというか

   松木幸夫 チャンネル




  1週間ほど前のバロックピッチ(415Hz)での楽しい本番の後、少ししてからそれを少し先にある本番でも使おうと考えた時、「あ!まだ415Kzだ」ということに気がつきモダンのピッチ(僕は442Hz)に戻してある程度安定してから弾こうかと思った。

  で、「あれ?〇〇さんはまだ半音下げた調弦で練習してるのかな?」ということに思い至って無精な僕はチューニング変えるの面倒だからこのままにしていつもレッスンで使うギター(442Hz)で本番をやるかという思いついたが会場のことを考えればアルカンヘルを使った方がよろしい。

  ということで415Hzにしていたアルカンヘルを442Hzにして、422Hzの国産ギターを415Hzに下げてという手間のかかることをして、そういうことをすると弦が安定するために必要な時間はサボるかボロクソのお爺ちゃんギターを弾こうか考えながら散歩をしたりする。

    どちらにせよ、いっそのことバロックやルネッサンス期の音楽はバロックピッチでやろうか、じゃあ、片方が422Hz、もう一方が415Hzで固定するか?等と考えてみたりもするのだが。



  ・・・という間に生徒さんが玄関のチャイムを押したようだ。






.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

12:15  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.08.11 (Fri)

塗装がぐにゃぐにゃに

   松木幸夫 チャンネル




  別に継子扱いをしている訳ではないがどんな波乱万丈の環境に置いてもびくりともしない生後70数年のボロクソギターを僕は一番気楽に使っているから最近はケースに戻すこともしない。


  そんな爺ギターもこの暑さと湿気の猛威の中で、それでも健気にしていたものの最近ネックを触ると塗装がベタベタしていてどうにもやりきれないじょうたいになった。


  僕は彼を見て、先日見た「風の谷のナウシカ」に出ていた巨神兵を思い出していた。


  彼を見つめて、「ご免な、もっと大事にすればよかった・・・」と呟きながらケースに戻し乾燥剤をいくつか一緒に入れた。


  小一時間してケースを開けてネックを触ってみるとほんの少しだけいい感じになっていて湿度計を見るとこれまた多少湿気が少なくなっていたのが嬉しかった。


  さて、午後からがんばろっと。

  


  
.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 心の持ち方 - ジャンル : 心と身体

12:15  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.06.20 (Tue)

解れるナイロン弦

松木幸夫 チャンネル




  ギターを弾いていて左手の指に違和感を感じた。


  巻弦ならば長い期間使っていると細い金属の線が折れてその端っこがぴょんと飛び出すのでなんだか痛いと感じたり手触りが悪くなるということはよくあることだ。


  しかし眼鏡を外して弦を見ると、1弦だけが毛羽立っていることが判った。


  仮に百歩譲サウンドホールからブリッジに近いところの右手の爪でナイロン弦を擦ったために毛羽立つことはあり得るだろう、しかし毛羽立っているのは爪の短い左手なのだ。


  ・・・尤も僕は右手の爪も短く、逆に引っかからない限り左手の爪は切らないので完全にあり得ないということもなさそうだけれども、今回の一件が初めてもことなので大いに驚いている。


  ケースの中にナイロンを食べる虫でも棲んでいるのか?と疑心暗鬼になっているのが現在のところ。

   IMG20230612124235.jpeg




.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

12:15  |  楽器  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT