fc2ブログ
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2024.04.02 (Tue)

発表会後日

   松木幸夫 チャンネル




IMG20240331131406.jpeg



  僕にとって初演だったビーバーは、何故だか最後の方で、何故か感極まってしまい涙が出そうになり、必死に堪えて演奏を終え、挨拶をして会は終わった。


  練習の時には色々考えながら弾くので感情移入することはなかったのだが、本番では「ああ、もう終わっちゃうんだなぁ」と思いながら弾いていたために気持ちが感傷的になったのだろうと思う。


  当たり前だが、参加した生徒さんはそれぞれの方の演奏を大いに褒めて散会した。


  しかし誰も僕の演奏についてのことには一切触れずに帰っていったので、取り残された僕は「俺のことも褒めろや!」と思ったことは内緒の話。



  今日の1曲

   カローゾ 愛の力

   



.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  LIVE  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2024.02.08 (Thu)

セゴヴィア編ソルの14番

   松木幸夫 チャンネル




  本来はソルのエチュード集作品6の12番でイ長調でアンダンテ。


  これを練習している頃はとにかく弾きにくいし運指をどうするかで随分悩んだ記憶がある。


  このエチュード集は、殊に左手に対して尋常ではない負荷をかけている曲集で、真面目に練習して手を故障しない人っているのだろうかと思ったことが何度もある。


  ものの本には「メロディだけを何度も弾くなり、歌ってみるなり」などと書いていて旋律を美しく演奏することに力を入れていた。


  勿論これは正しい教えなのだが、声楽や管楽器、ヴァイオリンなどの擦弦楽器では演奏者の力量が全て現れるから問題はないのだが、ギターやピアノに出来ることはヴィヴラートやペダルを踏んでメロディを柔らかく繋げる程度しかないともわれる。


  だから単調になりやすいメロディを支えるために伴奏パートをできるだけ表情豊かに弾くことが大事なことになる。


  単純なメロディの心情を伴奏で説明すると言えばいいだろうか。


  テンポがアンダンテと指示されているが、あまりゆっくり演奏すると全体が見えなくなるからある程度の速さが必要なんだろうなと思っています。



  今日の1曲

    今日の1曲

   アンダンテ イ長調 12の練習曲op.6より

   
 


.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

15:00  |  LIVE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2024.02.05 (Mon)

クーラントがピンチ!

   松木幸夫 チャンネル




  YouTubeの動画を撮ろうと準備万端の態勢を作った日の朝、いつものように朝のピアノと戯れる時間が来た。


  その前に中々に降り積もった雪を壁際に押しやってほかほかになった体でピアノの鍵盤を押すこと20分ぐらいだろうか。


  もうこのぐらいで終了と思った矢先どこで鳴ってるのか分からないがずっと一つの音が聞こえるのだ。


  外からの音か?それともピアノの音か?しかし音は鍵盤の中間辺りの高さだからペダルを踏まなければすぐに消えてしまうのだ。


  しかしその音はいつまで経っても消えない・・・と思っていると消えた。


  大慌てで外せる蓋などを外してみた結果、真ん中の「シ」のダンパーというか消音のためのフェルトがないのだ。

   IMG20240203093645.jpeg


  えー!これじゃあピアノ弾けないの!?


  まずは採れたフェルトを探そうということで探し回った結果、弦と弦との間にそいつは引っかかっていた。


  取り出したのがこれ。

   IMG20240203101742.jpeg


  金銭的余裕がない昨今なので調律師をお願いするのは辛いのでどうしよう〜と悩んでいるうちに動画を撮る気力も消え失せ、精神状態が落ち着くまで動画投稿を休むか?なんて思っていた。

  珈琲を淹れ、落ち着くのを待ちつついつまでも落ち込んでいたって埒が開かない。

  ちょっとずつ前進しようとギターを取り出して準備運動を開始。

  しばらくして「一応撮ってみようか」と思い直し撮影開始。

  何度かの取り直しの末、多少せっかちな感じになったがこの初録音はこんな感じでアップっぷ。



  今日の1曲

   J.S.バッハ クーラント BWV996

   
.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

16:00  |  LIVE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2024.02.02 (Fri)

タイスの瞑想曲

   松木幸夫 チャンネル




  1894年にJ.マスネによって書かれたオペラ「タイス」はオリジナル版と改訂版がありパリ・オペラ座で700回近く上演されるほど人気のある作品で、「タイスの瞑想曲」と呼ばれる作品は第二幕で演奏されるヴァイオリンと管弦楽のための作品。


  原作はA.フランスという作家の書いた「舞姫タイス」という小説。


  舞台はビザンチン帝国統治下のエジプト(4世紀頃)で・・・これ以上は紙面の都合により省略ということで勘弁してください。


  ギターで弾くために多少速いテンポで演奏しています。





  今日の1曲

   J-E-F.マスネ(1842-1912) タイスの瞑想曲

   


.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

15:00  |  LIVE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2024.01.30 (Tue)

BWV996前奏曲

   松木幸夫 チャンネル




  この曲は前半にPassaggioと記され後半はPrestoと書かれている。


  Passaggioはイタリア語辞典によれば音楽語としては「経過音」で見た目がいかにもレチタティーヴォのような即興的な走句とそれを収めるような和音からできていて、半終始ののち後半に続く。


  後半は初めに楽譜を見た時これは一体なんだ?と思ったが普通に見ると2声のカノンである程度進むと低音部に別の声部が加わり音が少しずつ低い方に移動して終わるといった形になっている。


  不思議だなあと思ったが、カノンとか分散和音という技法を無視すれば高い音域から始まって低い方に移動するのは平均率クラヴィーア曲集1の第1曲の前奏曲にも使われているからそれほど珍しいことではないのかもしれない。


  但し、プレストで弾くのは本当に難しい。




  今日の1曲
J.S.バッハ プレリュード (リュート組曲第1番)

   

.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

15:00  |  LIVE  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT