fc2ブログ
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2024.04.09 (Tue)

目の事

   松木幸夫 チャンネル




  視力低下が激しくこのままでは運転免許の更新どころか日々の運転でさへあやふやな視界で交通事故を起こしかねないと不安になっている昨今のこと。


  それではと、新しい眼鏡を作るべく長年通っている馴染みの眼鏡店に出向いた。


  新しい眼鏡を作る旨を店員さんに話し10分少々待ち、目の検査を受ける番になった。


  現在の裸眼の視力を測るところから検査すると、検査員となった店員さんか右がとても視力が落ちてますね、と言う。


  眼鏡作る前に眼科に行ってみると言うのも有りだと思います。


  と言われたがとにかく眼鏡は作るようにお願いして、後日眼科に行こうかと考える。


  最近はレンズが不足しているようでいつもよりも出来上がりまでの日数がかかると言う。


  まあそのことは数日前のニュースで知っていたから快諾して、受け取りをもらいながら家路に着いた。


  新しい眼鏡を手にする前に眼科に行って診察を受けるという、順番が逆だなあと思いつつ久しぶりに目医者さんに行くことにした。





.
スポンサーサイト




いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 目の健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

15:00  |  レッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2024.02.29 (Thu)

一月後の発表会

   松木幸夫 チャンネル




  最近はとても小規模になってしまった発表会が来月末に行われる。


  そこで出演する生徒さんはバッハのリュート組曲第1番を全曲演奏することになった。


  調子が悪ければ数曲選んで本番を迎えるとも言っていたので、最近のレッスンで全曲を通して演奏してもらうことにした。


  あの組曲は技巧的に超絶に難しいのだが規模的には短い曲ばかりだからリピートを省けば15分もかからない。


  ただ技巧的に難しいからたった十数分の曲でも体力的にはとても負荷がかかるからまさに「肉を切らせて骨を断つ」のような気構えで弾かなければならない。


  いやはや大した精神力と体力を持っていらっしゃるなあと思った。


  因みに僕は試験的にビーバーのパッサカリアを試験的に演奏してみようと考えている。




  今日の1曲

   H.V-ロボス プレリュード第1番

   

.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  レッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2024.01.23 (Tue)

分からない言葉が

   松木幸夫 チャンネル




  おそらくどんな分野だろうと上級になれば体全体を充分に使って良い結果を残すことができるだろう(純粋に頭の中で完結できる学問は別だろうが)。


  それが初心者、初学者であれば頭の中も身体もまず何をどうしようかと考えるところから始まり、しかも体の動きは硬くて小手先しか使うことができなかったり、滑らかな動きなどできるはずもなく側から見ているとハラハラするばかり。


  また全身を使わず身体のわずかな部分だけを使って何かを訓練するとある部分の筋肉しか使わないから身体への負担が非常に大きいので変な疲労が残って身体的に無理がかかる。。


  上手になる人はそのことを感覚的に感じたりすることで負担を体全体で分け合うようなやり方で身を守るのだろうと思う。


  だけど初心者などの多くは、習い事をすることで精一杯なために他人の言うことに貸す耳が疎かになっているのが常だろう。


  また実力の程度が上がれば上がるほど助言は抽象的だったりあまりに感覚的だったりするから相手に通じない場合が多いから言う方も言われる方も悪戯に考え込み疲れるばかりでレッスンは終わるのだ。


  分かれば簡単なのに分からない時には何一つわからないという魑魅魍魎の様な話はまじで本当のことだ。







.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  レッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2024.01.17 (Wed)

それは体に悪い

   松木幸夫 チャンネル




  先日のレッスンでバロック時代の曲を弾く生徒さんがいて。


  鍵盤楽器的な書き方をしている曲で、右手と左手で交互に主要な動機が出てくるような部分でも上の方の音ばかりが目立っていたり、レチタティーボ的な部分では朗々と長い旋律を切々と歌い上げる様に弾くためにとても重々しいものになって何か別の時代の音楽の様に聴こえてきて。


  バロック時代の音楽といえどもクライマックスに至る部分では徐々にクレッシェンドをすることになるが、ギターの構造上初めは開放限に近い音を弾くことが多いけれど盛り上がるところはハイポジションを使うことが多くなるから音量が伴わないことが多くて、肝心なところで盛り下がってしまうことも多い。


  また技術的なところで、例えばスラーでは、クラシックギターの方々は右手が間に合わない時にスラーを使って右手を楽させることに使う時が多いが他の分野のギタリストはスラーを美しい効果音として使うことが多いのでとても魅力的に聴こえる。


  右手が間に合わないために使うスラーではその行為だけが目的であるから素敵で効果的な音でスラーを弾く人はあまりいない様に思われる。


  で、先ほどの生徒さんにスラーの時の重心や左手で弾く方向を説明するがなかなか上手くいかない。


  そこで腕を掴んで「こんな感じで」という前に左腕に込められた力の強さに僕は唖然とするばかりだった。


  それは上半身全部をギプスで固定されている感じだった。


  こりゃあ上手くいかないはずだなあと思うところで今日はここまで。
 


.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  レッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2023.12.07 (Thu)

難解なクラシック音楽

   松木幸夫 チャンネル




  例えば、歌謡曲的な曲をレッスンで弾く生徒さんはその曲を知っているから当たり前にその曲のように弾いてくれるのだけど、古典期やバロック時代などの曲は聴けば面白いと思うんだけどいざ自分で弾いてみると全然勝手が違って戸惑う人がいる。


  一般的な曲の場合はメロディが一番重要な立場にあって伴奏はその補佐というか演奏者やアレンジャーの個性を表すところという所があって、そのヒエラルキーに従えば自ずとその曲らしさが現れるんだろうなあと思う。


  それに引き替え、欧羅巴の音楽の基本は多声音楽で様々な声部がそれぞれのところで重要度が変わったりするし、バッハなんかだと細かい同期の組み合わせで音楽を作るのでそこを見誤ると全てがチグハグになって、それで訳がわからないまま練習を続けるという人が多い。


  ただ、レッスンで僕が弾いて聴かせるとそれなりに様になるのは恐らく彼らが僕の弾いたのをなぞっているからなんだろうと思う。


  なぜそう思うかと言うと、次のレッスンでは相変わらず途方に暮れたような演奏をし始めるからであって、しばらくはその繰り返しでも仕方ないと思うけれどいずれ僅かでも何かを掴んでほしいなあと思う今日であった。



   今日の1曲

   A.ヴィヴァルディ 冬

   



.

いつもお越しくださって有難うございます。ブログ村参加して見ました。
お好きなところをクリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


PVアクセスランキング にほんブログ村 松木幸夫的思考 - にほんブログ村

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

15:00  |  レッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT